チャットレディに直アドやラインを聞いてくる客について

連絡先を教えてほしいといってくる男性客のパターン

ライブチャットサイトでチャットレディをやっていたりすると、リピートしてくれている男性ユーザーの人が、メールアドレスなどを聞いてきたりします。

携帯のメールアドレス教えてください、ラインやってませんか、などです。

当ページでは、私が今まで遭遇してきた出会い目的の男性ユーザーのエピソードと断り方や、返してはいけない返信などを紹介しているので、是非参考にしてください。

完全に出会いのサイトだと勘違いしている

ライブチャットには、チャットがしたい人が大半なのはもちろんですが、出会い目的の人も中にはいます。

マッチング系のサイトではなく、ライブチャットという名前が付いているのにもかかわらず、女性との出会いができるものだと思っている男性が少なからずいるのです。

チャットサイトなんて見ればすぐわかりそうなものですが、それでも女性との出会いができると本気で勘違いしているチンコの化身みたいな男性がいるのですw

なので、ライブチャットサイトのメールに直アド教えてくださいとか、ライン教えてくださいとか、速攻で聞いてくる人もいます。

ですがこれは一概に男性客がすべて悪いというわけではなく、ライブチャットを紹介しているサイトがあって、そこも悪いといえます。

そのウェブサイトというのはアフィリエイトサイトと呼ばれるものですが、チャットサイトを男女のマッチングアプリかのような紹介をして小遣い稼ぎをしているサイトが多く見受けられます。

なので、当然そういったウェブサイトを見た人は、ライブチャットサイトがあたかもマッチング出来るサイトのように見えてしまって、出会い目的となってしまうのです。

こういった広告目的のウェブサイトが跳梁跋扈しているからこそ、男性ユーザーが、チャットレディにチャットにログインするなりテレビ電話をかけるなり、いの一番にエッチ出来ませんか?などと聞いてしまうのです。

こういったウェブサイトを介さなくても、ほんとに出会いを探して登録している男性もいるかもしれませんが、ほとんどは、こういった一部の悪質サイトのせいで、出会い目的の男性客が増えてしまっているというのが現状です。

連絡先を聞いてくる男性

以下には、私が実際に男性ユーザーからアドレスを聞かれたエピソードを紹介していきたいと思います。

チャットレディ初心者の人も、すでにチャトレとして活躍していて、男性ユーザーから連絡先を聞かれた経験を持っている人もぜひお読みいただければと思います。

通話し始めたばかりで「彼女になってくれませんか?」

テレビ電話なり音声通話なりがはじまるなり、僕と付き合ってください!なんていってくる人はたまにいます。

男性ユーザーの中には、チャットレディも彼氏がほしくてチャットレディをやっているもんだと思っている人もいるみたいで、どんな彼氏がほしいですか?なんてあっけらかんと聞いてくる男性も中にはいるのです。

初対面でチャットをはじめたばかりなのに、いきなりこういう不躾な質問をしてくる男性は、適当にいなしてチャットしていればいいと思います。

ラインやってませんか?といきなり聞いてくる男性客

チャットレディに出会い目的でメールをよこす男性客というのは、このラインを聞いてくるパターンというのが一番多いですね。

ラインやってませんか?といって、自分のラインIDを添付して送りつけてくる男性もいるくらいです。

チャットレディにラインや直アドなどの連絡先を聞いてくる男性というのは、男性側からしたらチャットやメールにもポイントを消費しないといけないので、メールで1通目に聞いてくる傾向があります。

1通目にいきなりお誘いのメールを送って、だめなら別の女性にメールを片っ端から送って、教えてくれない女性にはそこから音信不通になるというパターンが非常に多いので注意しましょう。

そういう男性は最初からチャットなんてする気がないので、あまり相手にしてもしょうがないので、次の男性がチャットしてくれるのを待っていた方がお得ですね♪

メールでラインなどの交換を要求してくる男性はかなり多いです。

私がチャットレディをやっているときに、こういった男性ユーザーからの誘いのメールが来たときは、すぐに断っていますが、ベテランの頭のいいチャットレディは、あたかもあなたと付き合いたいという思わせぶりな態度をみせて、どんどんメールのやりとり回数を重ねていって稼いでいる人もいるくらいです。

あそこを見せれば好かれると思っている客

あそこの大きさこそが女性を惚れさせることができると本気で思っている男性も世の中にはいて、しかもたくさんいます。

いきなり自分の勃起させたあそこを送りつけ来てほんとに好かれると思っているのでしょうか。女性からしたら、甚だ理解に困ります…。

でかい男性器を見せつけさえすれば、女性が好きになってくれるかもしれないと本気で思っている男性がいるのも笑えますよねw。

チャットレディは男性器を見せつけられたときでも、堂々と褒めちぎって、チャット時間を延ばしたり、メールの回数を伸ばしたりするのが、お仕事ですね。

会うことが前提の人

どういうセックスが好みですか?SMでいったらどっちですか?などと、あたかも会えるかのような質問をしてくる男性がいます。

こういう会いたがっている男性も、うまいこと転がしていって、報酬をのばしていけるのが、チャットレディとしてあるべき姿だと思いますが、中には、こういうあざといテクニックをしたがらない女性がいるでしょう。

男性を上手に手のひらの上で転がしていけば、うまく稼いでいけますが、男性を転がすことが心理的に抵抗感がある女性もいると思いますから、それはひとそれぞれだと思います。苦手な人は稼げるからといってやる必要もないと思います。

ホテルで会いたがるお客さん

アダルトチャットというのは、本来は2ショットで見せてあげるものですが、中にはずるがしこい男性もいて、自分だけにセルフ動画を撮影して送ってくれなどとメールを送ってくる男性もいるのです。

たとえば、そういう要求をしてくる男性に、自撮りのアダルト動画を送ったとしても、満足して、テレビ電話を次からやってくれるかと思いきや、もっと要求してくるようになるので、最初から相手にしない方がいいと思います。

チャットレディをやっている女性は慈善行為でやっているわけではありませねんから、対価をもらって当然なのです。

いきなりエッチしてくださいといってくる

ライブチャットサイトにおいて、ポイントを使いたくない客というのは、チャットレディにメールばかりを送る傾向があります。

なぜチャットレディと出会ってセックスしようとしているのかわかりませんが、もうチャットレディのサイトは出会い系だと勘違いしてしまっているのかもしれません。

日本には有名な出会い系サイトやマッチングアプリがいくらでもあるのに、チャットレディと出会おうとしているのは、勘違いしているからに他ならないのです。

チャットレディがやってはいけないこと

以下には、男性客に対して、チャットレディがやってはいけないことや言ってはいけないことなどをご紹介しているので、是非参考にしてみてください。

以外と気軽にやっている女性もいるみたいですが、危険な行為なのでやめてください。

実際にリアルで会ってしまうこと

チャットを介したバーチャルな世界ではなく、物理世界であってしまったことがあるというチャットレディの話をブログなどでたまに目にしますが、これは危険な行為に該当すると思います。

その会ってしまう男性ユーザーというのはどういう意図を持っていて、どういう正確なのかもわかりませんし、何かを企んでいるかもしれませんから、そう考えると危険ですよね。

チャットレディとお客さんという立場でいろいろな会話をしていくうちに仲良くなって打ち解け合うのはわからないでもありませんが、実際に会うのとそれとは違うと思います。

連絡先を教えてはいけない

直接アドレス交換やラインの交換などはしないようにしましょう。メリットは何一つありませんし、直接やりとりをしてもチャットレディとしての報酬になりません。

中にはしつこく直アドやライン交換をせがんでくる男性もいるかと思いますが、そういうときは、規約違反だということを伝えておきましょう。

会うことを引き延ばさない

直アドやライン交換などをするのもだめですが、こうやって会えるのを前提にした装いというのもやめておいたほうがいいでしょう。

こういった思わせぶりなテクニックを使って、伸ばしに伸ばして、チャットをたくさんしてもらってチャットレディ報酬をアップしようというテクニックを使っている女性もいますが、男性の心理をついたずる賢いテクニックなので、心理的に抵抗がある人も多いと思います。

最近の話では、コロナで自粛ムードが漂っているので、今は会えないけど、そのうち会おうねと引き延ばしているテクニックを使っているチャットレディがいました。

こういううまいことをいって引き延ばしてはいるものの、こういうことをいっている女性というのは最初から会う気なんて毛頭ないので、社会通念上どうかと思います。

男性も女性に恋しているのかもしれませんので、会えないなら会えないとはっきりいいましょう。金稼ぎのためだけに男性心理をもてあそぶのはいけないと思います。

直アドなどを聞いてくるお客さんへの対処法

ライブチャットをやっていて、ラインのIDなどを聞いてこようとする男性客はどうやって断ったらいいのか解説していきたいと思います。

以下に私が毎日使っているテクニックを紹介しているので、是非参考にしてみてください。

スタッフから注意喚起されているといういいわけ

チャットレディにラインIDなどの連絡先を聞いてくる不届き者wには、スタッフに怒られると第三者の性にしておきましょう!!

男性はポイントを使いたくないケチな人が多いので、アタックしたメールで一度撃沈すると次からは送ってこなくなるパターンが多いので、まずは断っておくことが大切です。

チャットサイトの規約に書いてあるからと言う

チャットレディと会員の直接的なやりとりは、どこのライブチャットサイトも禁止事項に書いてありますので、これを伝えれば、連絡先を聞いてくる男性にも断りやすいと思います。

外部からの圧力で断ってる感を出す!

以上のテクニックというのは、誰かに言われて断っているかのようなテイを出すことができます。

女性自身から自分から教えたくない!と言っているわけではなく、チャットサイトのせいにしたり、代理店などの第三者機関のせいにすることにより、すんなり断りやすいです。

連絡先は絶対に交換してはいけません!

ライブチャットサイトの男性ユーザーは、チャットレディにライン交換などを持ちかけてくることがよくありますが、絶対に教えてはいけません。

チャットレディの女性側も、初めてチャットする相手には教えないけど、リピートしてくれる仲良くなった男性ユーザーには気を許して教えてしまう人もいると思います。

ですが、チャットサイト以外の場所で男性客といくらやりとりをしてもお金が発生することはないので、正直言ってもったいないです!

チャットレディをやっている人がたまに男性客と会ったりしているという話を聞きますが、とても危険な行為だと思います。チャットレディの最大のメリットはバーチャル空間で触れることができない点だと思います。

どんな意図をもって近づいてくる男性がいるのかわかりません。

直接やりとりをして、実際にあったとして、その場で楽しめるだけであればいいのですが、自宅までつけられたりしたらストーカー被害に遭ってしまう可能性もあります。

そもそものチャットレディの最大のメリットというのは、触れられないというバーチャル空間で安心安全にお仕事出来るからどんな女性でも働きやすいという環境がそろっているのです。

また他にもデメリットとして、一人のそういった軽率な行為が、他のチャットレディ全体にも及んでしまうと言うことがあります。

なぜ他のチャットレディに迷惑がおよぶかというと、誰かひとりがアドレスなどを教えると、他の子も教えてくれるもんだと思い違いをしてしまう男性ができあがってしまうからなんです。

男性ユーザーの中に、「チャットレディは連絡先を教えてくれるのが当然」だと思い込んでしまったお客さんが増えることにより、チャットレディはチャットがしにくくなります。

チャットレディは副業の中でもとくに稼ぎやすいですし、女性にしか出来ない副業なので、かなり優位な職業だと言われています。なので、ルールを守ってチャットレディ業界を盛り上げていきましょう♪

連作先を教えて教えてとしつこいときはブロックする

一度断ったのにもかかわらず、なんども連絡先を聞いてくる男性ユーザーというのは、もうブロックしてしまってもいいと思います。

ライブチャットで、何時間もチャットしてくれたり、メールを何十通もしてくれる人ならまだわかりますが、いきなり連絡先を教えろなんていってくるひとは、即ブロックしてもかまわないと思います!

チャトレの女性が直接のアドレスなどを教えてしまうと、チャットサイトからはその男性はメールを送ってきません。なぜならお金がかかってしまうからです。当然、無料であなたと連絡がとれる直接のアドレスの方にメールを送ってくることでしょう。

チャットレディの女性の連絡先を手に入れた男性は、ただで連絡がとれるので、もうけもんですが、チャットレディ側には直接男性とやりとりを何十回と重ねたとしても一銭も稼げませんので時間の無駄になってしまいます。

チャットサイト外でやりとりをしてもチャットレディにお金が振り込まれるわけではないので、よっぽどその男性が魅力的がしゃべっていて楽しい相手じゃないと成立しないと思います。

チャットレディである女性が、男性と直接的なやりとりができるスマホアドレスやラインを交換してやりとりをするということは、その時間分の時給をみずから捨てているのと変わらない行為です。

そもそも、ライブチャットにいる男性ユーザーというのはいくらでもいるので、しつこく連絡先をきいてくる男性をブロックすることに躊躇する必要もありません。

しつこく連絡先などを聞いてくるお客さんはさっさとブロックしてしまって、他のきちんとお金を落としてくれるお客さんを相手にするべきなのです!